企業情報

日本のソリューションと中国のソリューションの架け橋となり  お客様の満足と価値の創造をめざします。

経済、そしてビジネスのグローバル化が加速する中で、日中のIT分野における協業のニーズは日に日に高まっています。昨今、システム開発規模の急激な拡大から優秀な人材リソースの調達が急務となり、同時にそれらに伴う開発コストの削減を求められるようになりました。

NEUSOFT Japanは、中国最大のITソリューション・サービスプロバイダー企業Neusoftの日本法人として、2001年に設立されました。設立以来、日本のお客様のニーズにお応えすべく、中国本社のITリソースを日本のパートナーと共有し、共存・共栄に導くためのアウトソーシング・コンサルタントとして多くのパートナー企業をご支援して参りました。

具体的には、ブリッジSEと呼ばれる中国との共同開発経験の豊富なエンジニアが顧客との間に立ち、それぞれのプロジェクトに応じた運営を適切にコーディネート。プロジェクトの進行中に適時アドバイスをおこない、マネジメントを行います。

プロジェクトは中国Neusoftの開発部門の選定からはじまり、要件定義段階での顧客との調整と技術展開を手がけ、運営・マネジメントを実施します。プロジェクトフォローアップにつきましても、顧客ニーズに合わせたご提案を行っています。

こうした活動により、パートナー企業へのIT人材の供給、また技術面におきましても補完をおこないパートナーの競争力向上と発展のお手伝いを実施しています。

Neusoft Japan株式会社は、これからも日本のお客様のオフショア展開/中国進出を全力でサポートし、トータルソリューションの提供により、アウトソーシングのコンサルタントとしてさらなる顧客満足を探求して参ります。

NEUSOFT Japanの位置づけ

NEUSOFT Japanの位置づけ

日・中協業開発における業務の流れ