Neusoft、Gartnerデータ・分析サービスプロバイダー市場ガイドレポートにランクイン

【2017年6月28日、瀋陽】ガートナー(Gartner)社はこのほど、『Market Guide for Data and Analytics Service Providers, Asia/Pacific and Japan』を正式に発表、Neusoftはビッグデータ分野でのイノベーション能力と多くの垂直業界での実践実績によって当該レポートへのランクインに成功しました。

現在、データはすでに企業のビジネスモデルの革新を推し進め、コア競争力を向上させるキーポイントになっています。しかしながら、多くのデータサービスプロバイダーの中から、政府部門や企業はどのようにして選ぶべきなのか?今回、ガートナー社はアジア・太平洋地域と日本エリアにおいて優れたデータ・分析サービスプロバイダーを選出し、サービスフロー、データソース、分析方法、業界といった次元から各社のサービス能力を分析し、企業のデジタル化イノベーションとパラダイムシフト過程におけるサービスプロバイダーの選定に有力な参考となる根拠を提供しています。

いかにしてデータサービスプロバイダーを評価すべきかについて、ガートナーは、その戦略、管理といった能力を評価すると同時に、その応用事例、エリアカバー率を参考にしたり、或いは予期と実際に達成した業務成果を通じてその業界での専門性を評価すべきだと考えています。Neusoftは業務用ベーシックプラットフォームUniEAP、クラウドアプリケーションプラットフォームSaCa、ビッグデータアドバンスドアナライジングアプリケーションプラットフォームRealSightの三大プラットフォームプロダクツをベースに、官公庁、医療、製造、電信、エネルギー、教育、金融、交通等10以上の業界分野で3000以上のクライアント、10億以上のユーザーにサービスを提供し、その豊富な実践ノウハウと成功事例で、ガートナーより優れたデータ分析サービスプロバイダーに選ばれました。

これと同時に、レポートで強調されているRealSightは、Neusoftがクライアントのデジタル化イノベーションとパラダイムシフトというニーズに対応し、特別に作ったビッグデータアドバンスドアナライジングアプリケーションプラットフォームです。このプラットフォームは顧客インテリジェンス、IoTインテリジェンスと運用インテリジェンスという三大シリーズプロダクツを有し、官公庁、企業のデータに深く埋もれている価値を掘り起こし利用するサポートをし、より正確なクライアント観察と運営の最適化を実現します。現在、RealSightプラットフォームは北京テレビ、CCTVニュース、中国国家新聞出版ラジオ映画テレビ総局、美的(Midea)グループ、大唐新能源、中国国際航空等多くの業界ユーザーでの応用に成功し、それぞれの作業効率を効果的に向上させ、業務の安定性とスピーティな運用を保証し、ユーザーから認められ高い評価を得ています。