Neusoft、8年連続で医療情報化市場のトップを走ると権威あるIDCが発表

このほどIDCが発表した『中国医療ITソリューションシェア、2017:新興技術メーカーの飛躍的な進歩』というレポートによりますと、医療情報化市場において、Neusoftは8年連続して中国医療ITソリューションメーカーランキングのトップを安定維持していることが判明されました。2011年から2018年までのIDCが発表したレポートによりますと、Neusoftは収入とシェアの面で常にトップの座を維持し、中国医療情報化市場を牽引し続けています。

中国国内でいち早く医療情報化分野に進出したソフトウェア企業として、Neusoftは医療情報化市場での着実な積み重ねによって、IT技術と医療業界との融合を持続的に推進し、持続可能なビッグヘルス産業というニューエコロジーを築いてきました。ここ数年、Neusoftは医療とビッグヘルス分野において継続的な研究開発と資本投入を強化しています。医療情報化分野でNeusoftは病院の中心的業務と情報化をより深く融合させるソリューションを構築し、スマートホスピタルの建設、腫瘍病院専門診療の情報化構築及び病院情報インテグレートプラットフォームなど優位性のある分野において力を発揮し続け、同時にインターネットメディカル、クラウドメディカルやビッグデータの面でも模索し続けてきました。医療保険管理分野において、Neusoftは常に社会保険業務市場で50%以上のシェアを維持し、集中式・一体化した保険管理手続き業務プラットフォームを構築し、医療保険ビッグデータをベースとするインテリジェント医療サービスモニタリングと費用制御モデルを実現し、その関連サービスを構築し提供しています。

AIと医療分野との融合において、Neusoftは2107年に「Neusoftインテリジェント医療研究院」を設立し、非営利かつオープンで協同開発する技術と科学研究プラットフォームを構築し、AIプラットフォーム、ビッグヘルスデータプラットフォーム、そして支払い、医療サービス、病院、科学研究、健康管理などを含むビッグヘルスに関する全面的な産業チェーンの融合とその応用に特化した研究を行っています。

IDCレポートによりますと、2022年には中国全体の医療用ITソリューションの市場規模は233.6億人民元に達し、2017年~2022年の複合成長率は14.7%になる見込みです。2018年とその後5年間で医療サービス体系は全面的なモデルチェンジを直面すると予想されています。中でも医療サービス分野でのクラス別診療と医療連合体のビジネスモデルが次第に成熟し、インターネットメディカルが確実に発展し、在宅介護、養老医療など新たに生まれた医療サービスモデルが革新し発展し続けていくと思われます。医療保険分野においては、国家医療保障局の設立に伴い、医療保障は益々多岐にわたり柔軟に対応できるようになり、医療費の支払い基準も見直しと策定が行われるはずです。

未来に向けてNeusoftは引き続き持続可能なビッグヘルス産業の構築を推進し、ビッグヘルス産業の全面的かつシステム化されたエコシステムを創り上げていきます。現在、Neusoftのビッグヘルスビジネスはすでに病院、医療保険、商業保険、民政、貧困支援などの業界や分野に及び、医療保険、医療情報化、医療用ビッグデータとスマート化、医療設備の製造、クラウドホスピタル、健康と医療教育といった六位一体としたトータルな配置を構築しています。