Neusoftスマートカーコネクティビティ分野の最新商品がCES2019に登場

【2019年1月11日、アメリカ・ラスベガス】年に一度のグローバルサイエンステクノロジーのビッグイベントであるコンシューマエレクトロニクスショー(CES)がこのほどアメリカ・ラスベガスで開催されました。Neusoft(600718.SH)はグローバル市場にITによるイノベーションソリューションとサービスを提供する企業として、傘下にあるスマートカーコネクティビティ分野の最新技術と商品を再び携えて出展、情報技術で自動車産業のコネクテッド化、スマート化、共有化、電動化への発展動向を完全に表現し、自動車産業の発展に力を尽くしています。

今回のCESでは、Neusoftはスマートカーコネクティビティをめぐって傘下にあるグローバル資源を統合したビッグカー全体のビジネスを展示しました。自動車産業のコネクテッド化、スマート化、共有化、電動化の主流となる発展方向の30種余りの自動車技術と商品を網羅しています。

 

中でもNeusoftが展示した次世代キャビンシステムは、コンテキストファンクション及びマルチスクリーン連動を提供します。Neusoftの初代インテリジェントキャビンは「インテル」、「一汽紅旗」と共同で研究開発したものであり、中国そしてグローバルで初めて量産化したバーチャルインテリジェントキャビンとなっています。それと同時に、NeusoftはC-V2X/5G/イントラネットなどシャークフィンアンテナを融合した次世代通信ドメインコントローラソリューションのT-Box、ナビゲーションプラットフォーム一つで世界の異なる市場をサポートするOne Core Navigationグローバルナビゲーションプラットフォーム、中国初のV2X商品であるNeusoft VeTalk及びNeusoftスマートコネクテッドカーセキュリティに関する「クラウド・制御・端末」の一体化ソリューションなどを展示しました。

見本市において、Neusoftの傘下で次世代自動車向けのプラットフォームとキーテクノロジーの提供に注力している子会社である「Neusoft Reach」は、「福田自動車」と共同で発表した最新のC-V2X  OBUのV-NeX、「XILINX」と共同で発表した自動運転レベル3および自動パーティング機能を提供するADAS/ADS第三代目の商品、及び「Neusoft Reach」のスマートコネクテッドカーオペレーションシステムソフトウェアプラットフォームであるNeuSARを含む三つの新商品をリリースしました。その内、NeuSARはAUTOSAR AdaptiveプラットフォームをベースにE/Eフレームワークを構築する次世代自動車のために提供するベーシックソフトウェアプラットフォームと開発ツールであります。

Neusoftは自動車分野において、30年近くの発展を経て、その技術と商品が自動車産業のコネクテッド化、スマート化、共有化、電動化のすべての主流となる発展方向を網羅しています。その中国、ドイツ、日本、アメリカを中心とするグローバルプロダクツ研究開発ネットワークは開放、融合、革新で絶えず新しい技術と商品を打ち出し、自動車産業の進化を推し進めています。