BW (映像閲覧ワークステーション・シリーズ)

BW (Image Review Workstation Series)高度な画像レビューとポストスクリプティング機能を搭載。医師の正確な診断をサポートします。

BW CT ワークステーション

専門的なコンピュータ支援診断(CAD)を導入しています

科室別のモジュール化されたBW CT ワークステーションは、豊富な映像処理分析機能を備えています。優れたソフトウェア機能を通じて、迅速で正確な医療診断を提供しています。

BW X-Ray ワークステーション

X-Ray 医療映像後処理分野向けの専門機器

BW X-Ray ワークステーションは、専門のジョイント技術を通じて、複数の小視野画像を組み合わせることによって、完全にシームレスの全体映像を生成します。主に脊柱側弯症及び下肢の奇形などのよく見られる疾病( 骨格矯正科が中心)に応用されています。全体的にモジュール化された設計方式を採用し、シンプル、使い易さ、高効率を設計理念とし、患者管理、映像閲覧、報告書の編集及びフィルム印刷の4つのプロセスをシームレスにリンクさせることによって、医師の業務効率が大幅に向上しています。主な特徴は、迅速な伝送/ダウンロード速度を備え、JPG、BMP、DICOM及びAVIといった多数の規格に対応し、KIN(キーイメージノート)によって、画像表示の一致性(CPI)を保証し、DICOMのSCUとSCP間の発送、伝送、受信などをサポートしていることです。

BW MRI ワークステーション

MRI 医療映像後処理分野向けの専門機器

BW MRI ワークステーションは、モジュール化された設計方式を採用し、シンプル、使い易さ、高効率を設計理念とし、患者管理、映像閲覧、報告書の編集及びフィルム印刷の4つのプロセスをシームレスにリンクさせることによって、医師の業務効率が大幅に向上しています。主な特徴は、迅速な伝送/ダウンロード速度を備え、JPG、BMP、DICOM及びAVIといった多数の規格に対応し、KIN((キーイメージノート)によって、画像表示の一致性(CPI)を保証し、DICOMのSCUとSCP間の発送、伝送、受信などをサポートしていることです。

BW 乳腺ワークステーション

MammoCAD

BW乳腺ワークステーションは、デジタル化乳腺X線画像を専門に閲覧するためにオーダーメイド設計した画像閲覧ステーションです。コンピュータ支援検査機能(MammoCAD)を内蔵し、画像処理技術を利用することによって、乳腺X線映像の疑いのある組織構造を自動識別して提示し、医師の診断をアシストします。

>>詳細情報については、http://medical.neusoft.com/en/products/1495/ をご覧下さい。