企業資産管理システム

安全運用を実現しつつ、生体環境の保護にも配慮。運用効率の向上とメンテナンスコストの最小化を図ります。

企業資産管理システムは、コンピュータシステムを通じて、企業の有形資産(生産設備、工場設備、交通手段、メーター機器など)の管理をサポートすることによって、これらの資産が効用を発揮し、安全な運用を通じて生態環境が侵害されないように保証し、実益を最大限に維持し、メンテナンスコストを削減できます。同システムは、設備が多く、高価値で、設備完備率に対する基準が厳しい資産集約型企業に適しています。例、通信、発電所、汽車、空港、航空会社、鉄道、タバコ生産会社、化学工業会社、製薬会社、石油、石炭、製紙会社、電子電気製品メーカーなどの企業。

電力業界:資産の全サイクルの管理を実現

送電網資産のフルライフサイクル管理は送電網運営企業の安全管理、効率管理とフルサイクルコスト管理、資産管理を有機的に結び付けたものです。

Neusoft送電網資産フルライフサイクルアプリケーションシステムは資産価値の管理と設備の実用性を軸に、一体化した情報管理プラットフォームを手段として、送電網運営企業の発展戦略に関わり、送電網資産と設備管理に関する計画、設計、モデル選定、製造監督、取付け、調整、検収、稼動、点検、評価、改造から廃棄処分や更新までの全過程への管理を包括し、安全性や機能性を満たすことを前提に、情報化管理で資産のフルライフサイクルにおける信頼性と経済性を理想的に融合することによって、最終的に企業に送電網資産価値の最大化を実現します。