Cloud Poc Kit

IoTを実現するには、センサーや通信の制御からデータの蓄積、分析まで様々な局面で試行錯誤が必要です。Neusoftでは、IoTに必要な要素をコンパクトに組込んだ NEUSOFT IoT Cloud PoC Kit を提供しています。

デバイスからデータ分析モデルまで、IoTプロトタイプ開発に必要となる技術をトータルで提供します。様々な開発ボードやOS、通信規格をサポートする一方、使い方は簡単明瞭であるため、ユーザはIoT活用に関するアイディア創出に専念することが可能です。

特長

  • 利便性向上
    ・プロトタイピングを取りまとめるIoTシステムの開発に必要になるクラウドIT基盤、データ収集に必要なデバイスセット、データの活用に欠かせない
       データ分析アプリケーションをトータルで提供します
    ・参入障壁を低くして、格安でPoC Kitを利用できます
    ・プログラミングレスでデータ可視化ができ、そして、基本データ分析モデル用意します
    ・データ取得SDKのAPIが2つだけで、そしてセキュリティ対策も入っています
    ・デバイス接続時点で自動登録も可能
  • オープンプラットフォームの構築
    ・エッジ側・クラウド側のAPIを公開しIoT基盤をオープン化することで、他社が使えるプラットフォームとして提供します
    ・エッジ側のSDKには統計学以外、ディープラーニングのライブラリも含め、独自のAIエンジンとして組込機器に特化します
    ・既存サービス利用者だけじゃなく、オープンプラットフォームにおけるコンテンツ(AIモデルなど)の作成、共有、サービス化が可能です
  • IoT教育教材として最適
    ・教育現場におけるプログラミング教育の普及をめざし、さまざまなセンサーデバイス・IoT開発ボードを連携します
    ・プログラミング学習ツール「SCRATCH」を活用したIoT教育教材として提供します
    ・児童がセンサーデータの収集、プログラミングによるデータ解析、AI活用を行う体験を通じて、いろんな学ぶ機会を創出できます

キット内容

写真

キット詳細

  • センサ評価キット用アプリ(Android/iOS共通)
    ・センサデータのクラウドへのアップロード
    ・複数のセンサキットを組合せで、環境データ以外データ取得可能
    ・リアルタイムに多次元分析をしてグラフ化
  • センサ評価キット(1つまたは複数個、下記参照)
    ・センサキットはパートナーメーカー様より購入
  • NEUSOFT Japan IoT Cloudのアカウント
    ・センサから吸い上げたデータはNEUSOFT IoT Cloud上で可視化・分析
    ・基本データ分析モデル用意(3種類)
    ・REST APIもご用意しておりますので、既存システムとの繋ぎこみも可能
写真

キット詳細

  • IoT開発ボード(下記参照)
    ・開発ボードはパートナーメーカー様より購入
    ・カメラやその他計測センサの搭載が可能
    ・ボードのカスタマイズ開発支援(別途御見積)
    ・ボード対応プログラミング学習ツール SCRATCH の提供
  • ゲートウェイ(通信規格別にサポート)
    ・ゲートウェイはパートナーメーカー様より購入
    ・ゲートウェイ設置・カスタマイズ開発支援(別途御見積)
  • NEUSOFT Japan IoT Cloudのアカウント
    ・センサから吸い上げたデータはNEUSOFT IoT Cloud上で可視化・分析
    ・基本データ分析モデル用意(5種類)
    ・REST APIもご用意しておりますので、既存システムとの繋ぎこみも可能

適用センサ評価キット(スタンダードキット)

写真
環境センサ
(オムロン株式会社)
写真
7種類の環境情報を取得できる、Bluetooth low energy技術によるビーコン通信に対応した無線センサー

温度、湿度、気圧、照度、紫外線、音圧、加速度を計測するためのセンシング機能と無線通信機能、バッテリーを、縦46mm×横39mm×厚み14.6mm の小型パッケージに搭載した複合型センシングコンポーネントです。

写真
センサメダル
(ローム株式会社)
写真
モーションセンシングに必須であるセンサと電波法認証取得済みのBluetooth モジュール、16bitローパワーマイコンを搭載した評価キット

・モーションセンシングに必須の加速度、気圧、地磁気、角速度(ジャイロ)の計4種のセンサを搭載
・ウェアラブル・IoT機器などローパワーシステムの プロトタイプ開発用に最適

写真
センサネットワークモジュール
(アルプス電気株式会社)
写真
モーションデータとともに環境データを取得して低消費電力通信のBluetoothで通信を行うセンサネットワークモジュール

・コイン電池で長寿命稼働を実現
・多彩なセンサを搭載
・きめ細かなセンサ制御を実現、低消費電力
・小型内蔵モジュール
・幅広い業務でIoTを手軽に実現できます

写真
JINS MEME
(株式会社ジンズ)
写真
3点式眼電位センサ・加速度センサ・ジャイロセンサの3つのセンサでアイウエアとして「自分を見る」

JINS MEMEでは眉間と鼻あてにある3つのセンサーによって、視線や瞬きを検出することができ、集中力・活力・落ち着きなどのその人の気分、状態を知ることができます。生産性を見える化から、生産性の向上、効率的にトレーニング、異常行為検知など色々な場面でお使いになれるでしょう。

適用IoT開発ボード(プロフェッショナルキット)

写真
STM32L4 Discovery kit IoT node
(STマイクロエレクトロニクス)
写真
複数の低電力ワイヤレス標準とWi-Fiをサポートすることで、IoTノードを構築する開発者に、比類のない柔軟性を提供

プリントアンテナ付きのダイナミックNFCタグICを備えた、BLE、サブGHz RF、およびWi-Fi向けのモジュールを高性能の超低電力STM32L4に追加し、これらのコンポーネントはすべて同じボード上にあります。そして8種類のオンボードセンサを搭載し、統合に要するさらなる労力を必要せず、すぐに使用することができます。

写真
STM32L0 Discovery kit LoRa
(STマイクロエレクトロニクス)
写真
LoRa®長距離モデムの機能を持ち、超長距離のスペクトラム拡散通信および高干渉耐性を提供し、消費電流を抑えます

・LoRaモジュールを搭載、アンテナも標準添付
・超低消費電力STM32L0シリーズMCU搭載
・Arduino UNO R3互換コネクタも搭載
・単4乾電池ホルダーを搭載、電池だけのスタンドアロン運用が可能
・ADC、LP-UART、I2C、SPIなど、STM32L072ペリフェラルにアクセスできます

写真
Arduino
(アルデュイーノ)
AVRマイコン、入出力ポートを備えた基板、C++風のArduino言語とそれの統合開発環境から構成されるシステム

Arduinoは、動作に必要な開発システムをArduinoのWebサイトからダウンロードできるオープンソースハードウェアです。AVRマイコンや入出力ポート、Arduino言語による統合開発環境が用意されており、子供から大人まで誰でも電子工作やプログラミングを楽しむことができます。

写真
Raspberry Pi
(ラズベリー パイ)
ARMプロセッサを搭載したシングルボードコンピュータです。小型で安く、誰にでも手が届きやすいことが大きなポイント

名刺サイズ大の小さな1枚の基板に、ARMベースのCPUや、パソコンを構成するハードウェアの大半が詰め込まれていて、プログラミングを行い、電子部品を本体に接続することによってさまざまな機能を実装できます。

写真
SPRESENSE
(ソニーセミコンダクタソリューションズ)
低消費電力でありながら、GPS受信機能とハイレゾリューション・オーディオコーデックを搭載したIoT向けボードコンピュータ

ソニーが培ってきた高性能なGNSS受信機や高音質なハイレゾリューション・オーディオ(ハイレゾ)音源対応のオーディオコーデック等を内蔵したマルチCPU構成採用の独自のボードです。様々な用途のシステムを構築できます。

料金一覧

初期費用:デバイス購入費用のみ

【スタンダードキットに含まれている内容】

  • センサ評価キット用アプリ(ダウンロード無料)
  • NEUSOFT Japan IoT Cloudのアカウント(クラウド使用料は最大三カ月間無料)
  • 基本データ分析モデル(3種類)

【プロフェッショナルキットに含まれている内容】

  • NEUSOFT Japan IoT Cloudのアカウント(クラウド使用料は最大三カ月間無料)
  • IoT開発ボード開発用SDK(ダウンロード無料)
  • 基本データ分析モデル(5種類)

月額料金:500円(税抜)~

※ 課金対象:ストレージ容量、データ転送量、メッセージ数、リクエスト数、モデル使用量等。

※ センサーなどの機器、IoTゲートウエイ、モバイル通信料金は含まれません。

※ トライアル期間以降(2018年6月~)料金プランを変更される場合がございます。あらかじめご了承下さい。

カスタマイズも可能:IoT関連のご相談・開発など、ご要望に合わせて承ります。(別途お見積もり)

ご利用までの流れ

デバイスのご購入
又は、IoTキットお問い合わせ

お問い合わせ

スタンダードキットの場合、無料アプリをダウンロード

NEUSOFT Japan IoT Cloudのアカウント作成、ご利用開始

NEUSOFT IoT Cloud へ登録

ご注意事項

※ スマートフォンアプリは、AppStore / GooglePlay上の「NEUSOFT IoT」をご利用いただく形となります。
      クラウドへ接続するにはNEUSOFT Japan IoT Cloudのアカウントが必要です。

※ データ分析モデルはセンサデータとの依存性があり、使用する前提条件を事前に確認してください。

※ トライアル提供期間:2018年4月2日から5月31日まで、トライアル期間のクラウド利用料金はありません。

※ 当該ページに記載の内容は、製品仕様改善のため予告なく変更される場合がございます。あらかじめご了承下さい。

※ SCRATCH は MITメディアラボのライフロング・キンダーガーデン・グループによって開発された教育用プログラミング環境です。