RealSight IoT IoTプラットホーム

Industry 4.0に代表されるように、あらゆるモノがインターネットに接続され、様々なデータが収集されてビジネスに活用される時代になりました。 それはInternet Of Things(IoT)と呼ばれる技術で実現されますが、その活用いかんで企業の競争力に大きな影響が出ます。

RealSight IoTは既に国内外で実績があり、皆様が検討されているIoTシステムに対して、豊富な事例やデモを通して、課題解決のご提案をすることができます。

特長

  • IoTの基本機能のデータ蓄積、監視、分析機能を保有するIoTプラットホーム
  • 機械学習の機能を使用して傾向や予測を行い、IoTビジネスの立上げをご支援
  • Neusoft JapanはRealSight IoT上でのカスタマイズや周辺システムの開発もいたします

全体の流れ

全体の流れ

事例

写真

風力発電の監視システム(予防保守・効率化)

背景

中国で190の風力発電所を運営し、風力タービンの設計・開発、及び運用・保守を行っていました。ただ、ファンは遠隔地にあるため、機器の傷みや誤作動の確認も容易ではありませんでした

効果

ファンをリアルタイムに監視し、RealSight IoTで稼働データを分析し、保守費用を10%節約でき、発電量は5~7%改善しました。更に分析結果は風力タービンの設計の最適化にも活用されました

写真

エレベーター等の管理システム(監視・予測・警告)

背景

ユーザは数千ものエレベーターやエスカレーターを管理をしていましたが、度重なる事故が企業に悪影響を及ぼしていました。そのため、リアルタイムな監視と誤作動などへ警報を望んでいました

効果

RealSight IoTを活用することによって、稼働情報を収集し予防保守のタイミングを指示。これにより、保守作業の効率化と品質が向上し、製品寿命の延命と未然の事故防止につながりました

写真

空調システム自動コントロール(制御・効率化)

背景

ユーザは冷却タワーやポンプなどの機器の性能を最大限に引き出すための設計や製造が必要でした。更に、各機器の能力を最大限に発揮するために予熱時間を予測し、制御装置に指示を与える必要がありました

効果

RealSight IoTで各機器の消費電力などを分析し、所定の冷却能力に合うように稼働機器を自動選択。また、最適な予熱時間を予測し中央コントロールセンター経由で各機器を制御し、エネルギー効率を約50%上げました

事例説明

弊社では、よりIoTシステムを理解していただくために、実際に海外でRealSight IoTを活用して
導入した「風力発電機の管理システム」のデモをご用意しています。風力発電機を皆様が考えて
いる機器に置き換えて考えていただければ、よりIoTシステムの導入が具体的になると思います。

下のお問合せボタンをクリックして頂き、ご連絡先などを入力して頂ければ、 ご連絡申し上げます。

資料やデモのご要望は、下記からお願い致します。追って、担当者からご連絡させて頂きます。 お問い合わせ
写真