UniEAP™業務用ベーシックプラットフォーム

UniEAP™ビジネス・ベースプラットフォーム フレームワーク・共通コンポーネント・開発方法論から構成されるトータルソリューション。スピーディーなアプリケーション製造をサポートします。

UniEAP™ ソフトウェア製品ライン開発モデル向けビジネス・ベースプラットフォーム

「臨機応変」

ユーザーニーズに変化が生じた場合、UniEAP™では変化による開発への影響を最小限に抑え、可変管理とサポートによって、最終的にビジネスの専門家による簡単なコンフィグレーションでユーザーのニーズを満足するという目的を実現します。

「グリーンな発展」

UniEAPを通じて、技術の差異性と複雑性をシールドし、インターフェースの安定性を保証することによって、プラットフォームの発展が業務アプリケーションに対して透明性の高いものになることです。業務アプリケーションは影響を受けない状況において、技術進歩がもたらすメリットを体現します。

製品の位置付け

UniEAP™はソフトウェア製品ラインの開発モデル向けに、開発フレームワーク、コモン・コンポーネントと方法論によって構成され、マルチレイヤ、構造化したベーシックフレームワーク、様々なコンポーネントや関連開発ツールを通じてアプリケーションソフトウェアの迅速な構築や業務開発のサポートに用いるトータルソリューションです。

同ソリューションは、アプリケーションシステムの設計·開発者がコンポーネントの再利用と実装などの手段を通じて、アプリケーションソフトウェアの構築を迅速に完成することを目標としています。業務担当者が簡単な操作を行うことで、顧客ニーズの変化にも対応が可能となり、開発に対する影響を最小限に抑えることが出来ます。最終的にビジネスの専門家による簡単なコンフィグレーションでユーザーのニーズを満足するという目的を実現します。

UniEAP™は主に中国国内市場に向けたもので、企業、政府機関や第三者ソリューション・デベロッパー向けにパワフルなビジネス・ベースプラットフォーム、ソフトウェア商品ラインエンジニアリング向けたトータルソリューションを提供しています。

ビジネス向けに

従来の開発モデルでは技術的なハードルが比較的高く、ソフトウェア開発スタッフにしか通用せず、業務担当者にはあまり理解されていませんでした。企業モデル自動化(EMA)、ソフトウェア商品ライン(SPL)などの考え方を採り入れたUniEAP™ はまったく新しい開発モデルを提供しています。「ビジネス言語」や「特徴によるモデリング」によって業務担当者や技術スタッフの理解度を高めます。それは業務担当者にアプリケーションソフトを開発させるということではなく、業務担当者が理解と協力をしながら参加することで、業務担当者と技術スタッフとの間にこれまで存在していた「大きな隔たり」をなくすことができるのです。

技術的無関連性

技術的無関連性とはUniEAP™が技術と関連がないということではなく、UniEAP™ではOS、インフラ用ソフトウェアプラットフォームに使われる技術のディテールを遮断したことを指します。

開発スタッフがUniEAP™を利用して複雑なアプリケーションソフトウェアシステムを開発する際、注目するポイントはビジネスロジックであり、どんな技術を用いて実現するかではないためです。

関連製品

十余年の発展を経て、UniEAPはすでに電力、電気通信、社会保険、教育、製造、交通、税務、金融、モバイルインターネット、デジタル医療など数十業種のソリューション分野で幅広く活用され、Neusoftソリューションの競争力レベルの向上に大きく貢献しました。

関連製品

UniEAP™は業界をリードする技術アーキテクチャを採用し、大量で成熟した確実なコンポーネントを提供しています。これらのコンポーネントは次の2種類に分けられます。

  • ジェネラル技術コンポーネント: アプリケーション構築段階において開発効率を向上し、開発難度を低減することができます。
  • 業務サービス用コンポーネント: 主に組織構造、安全管理、業務フロー管理、レポート分析と展開、電子フォーム、データ伝送と交換などが含まれています。

UniEAP™はこれらのコンポーネントを特定のビジネスシーン用ソリューションに活用し、より一層隔離・改善された専門分野向けの商品を開発しました。

  • UniEAP™ Platform: 業務システムの迅速な開発に利用。
  • UniEAP™ Workflow: フロー管理に利用。
  • UniEAP™ Report: 業務データの統計・分析に利用。
  • UniEAP™ Form: 電子フォームの処理に利用。
  • UniEAP™ DataExchange: データ交換用。
  • UniEAP™ BPEL: 業務フローの集積用。
  • UniEAP™ Rule: 企業におけるルール資産に関する統一管理と流用。

現在UniEAP™ V4.2を市場に発表しました。