ERP運用保守サービス

常に高みを目指し続けます(中国最大手のERPサービスプロバイダーとして、グローバルERPサービス市場のリーディングカンパニーとして。Neusoftは走り続けます)

ERPシステムの課題解決

Neusoftは1996年よりERP商品の運用とコンサルティングサービスに携わり、10年余りの整備と改善を経て、豊富なプロジェクトノウハウと成熟した業界ソリューションを組み合わせ、中国の多くの企業ユーザーに最適化したマネージメントソリューションやERP運用コンサルティング、運用・保守、技術サポートなどの関連サービスを提供しています。

SAPに関する中国国内で最も大きなゴールドメダルパートナーと唯一の戦略パートナーとして、またOrecleの重要な戦略パートナーとして、NeusoftのERP事業はすでに8つのグローバル・サプライ・センターと数百名に上る経験豊かなアドバイザーを有する、中・英・日の三言語を提供できる専門なERPサービスチームに成長しました。

ERPシステム運用保守フェーズでのよくある悩み

  • ERP導入に携わったスタッフが運用保守から解放されず、新規プロジェクトに投入できない
  • 導入を外部業者に任せきりだったため、社内にノウハウが蓄積されていない
  • 仕様変更や機能追加の開発に時間がかかってしまう
  • 社内IT部門で運用保守を行っているが、そのコストが妥当か疑問を持っている
  • 現在のシステム及びその運用に課題があり、100%満足していない
  • ...

ERP運用保守サービスについて

  • ERPシステムの、日本国内における運用保守を高いコストパフォーマンスでサポートします。
  • 現状の運用保守体制では対応が難しい部分的な対応も承ります。
  • 業務システムの開発実績もあり、周辺システムの開発も対応します。
  • 中国拠点においては、導入時からのサポートも可能となり、現地固有のビジネス要件に完全対応します。

Neusoft NetEye

運用コストの低減

日本のSIerやベンダーと比べ、担当要員の単価を抑えることができます。
また、一貫したサービス体制をご用意していますので、情報システム部門など、ERPシステム担当者の業務負荷を大幅に軽減できます。

スピード導入の実現

仕様変更や機能追加の開発を行う際、一度に多くの人材を投入できますので、効率化されたシステムの早期稼働を実現します。
開発スケジュールが短縮されるため、開発コストの低減にも繋がります。

人材育成環境

SAP社との提携により、Neusoftが運営する大学において、SAPコンサルティングやエンジニアの育成を行っています。そうした専門の人材の活用により、スキルが要求されるSAP ERPシステムへの対応を得意としています。

Neusoftが提供するERPサービス

  • IT企画
  • ERPシステムのカスタマイズ開発
  • システムのアップグレードと技術サービス
  • 運用・保守サービス
  • ERPの普及サービス
  • 商品の代理と卸販売