Neusoftの遠隔医療システム

Neusoftの遠隔治療ソリューション(Telemedicine)遠隔診断サービスをはじめとした、数々の医療ソリューション。

Neusoftの遠隔医療は遠隔共同診察カウンセリングサービス組織と遠隔医療ソリューションの提供を主な事業方向とし、中国全土の各クラスの医療機関、医療専門家や患者の皆さまへの遠隔医療サービスと技術サポートに注力しています。2001年に正式オープンし、年間診察件数はすでに1万件を超え、中国国内で幅広い影響力を持つ遠隔医療ビジネス運用プラットフォームとなっています。

「Neusoft遠隔医療ネットワーク」データプラットフォームを活用し各クラスの病院向けに遠隔医療共同診察システム構築プランを提供し、各病院に自身の遠隔共同診察センターを設立するようサポートすると同時に、実力のある病院に対しては周辺の提携病院を管轄する地域性遠隔共同診察センターを構築して外部の医療専門家のサポートをより受けやすくし、その病院の医療専門家としての役割を十分に発揮できるようサポートします。

システムの特長

  • 遠隔画像による共同診察とは主に医療画像の専門家が患者のCT、MR、CR、DRなどの判断の難しい画像に基づいて遠隔診断を行い、診断・所見レポートを作成して診察を行うことです。通常、画像を送って診断を依頼してから専門家のレポートを受け取るまで2~4稼働時間ほどしかかからないため、一年中毎日画像による診察を行うことができます。
  • 臨床による双方向の共同診察ではビデオ会議システムを利用することで、医療専門家は遠隔地の患者と「フェース・トゥ・フェース」のコミュニケーションが図れ、さらに医療専門家はその場で医師や患者が抱える様々な問題についてリアルタイムで回答することができます。
  • 遠隔研修とは医療専門家が遠隔トレーニングシステムを使ってテーマ別に講義を行うことであり、最新の医療情報や診療ノウハウを下部病院の医師に伝え、双方向のコミュニケーションを行い、その場で様々な疑問や難題に答え、受講した医師の診断に関する考え方を広げ、下部病院全体のレベルアップをサポートします。