土地・資源

Neusoftは国土資源部向けに土地資源用コア業務システム及び電子行政業務基礎プラットフォームを開発し、中国の土地、鉱産物などの資源を高度に集約し共有、管理を行い、土地資源の合理的な利用と効果的な保護を目的に、このシステムは国土資源部、国家海洋局の他、中国の7~8の省・市で活用されています。

土地資源電子行政業務基礎プラットフォーム

土地資源電子行政業務基礎プラットフォーム(略してELARPと称す)は、OA、MIS、GISなどの技術を集約し、個別の業務アプリケーションやそのデータベース、ウェブサイトなどを管理可能な環境の中で構築または集約することによって、一体化、集約化した行政業務情報化アプリケーションを実現します。

それと同時に、業務システム用構築ツールを利用することによって、速やかに国土資源用電子行政業務アプリケーションシステムを構築でき、応用を行うことによってタイムリーに拡張・調整できるため、開発所要時間を短縮し、重複構築を防ぎ、保守水準を向上し、業務システムによる情報の共有化や相互通信を全面的に実現することができます。

建設用地審査・承認システム

個別の場所選定と都市分割行政審査・承認項目で構成され、案件の受理、審査から許認可までの全プロセスにおける管理を実現し、審査・承認段階に用いるデータ比較分析機能(例えば、土地利用計画台帳、耕作地需要・補償バランス台帳、土地供給情報、及び土地利用トータル計画、土地利用の現状に関する多重化分析など)を備え、国土部より配信されるデータの交換要求にも対応しています。

建設用地に関する事前審査システム

このシステムは新規建設プロジェクト用地に関する事前審査、場所調整追加申請に関する事前審査、建設プロジェクト用地追加申請に関する事前審査及び違法用地追加申請に関する事前審査という四つの行政審査・承認項目によって構成され、案件の受理、審査から許認可までの全プロセスにおける管理を実現し、非常に大きなスペースを持っているデータの編集、リタッチ、分析、主題図の製図やプリントアウトなど関連機能を備え、ネットで送信される電子データの受信にも対応、国土部より配信されるデータの交換要求にも対応しています。

鉱業権管理情報システム

このシステムは、鉱業権に関する鉱区範囲の確定、新規承認、変更、延長、譲渡、取消など六つの行政審査・承認項目の主要機能、さらに探索・採掘権に関する新規承認、変更、延長、保留、取消、所在地調査など六つの審査・承認項目の主要機能を実現しています。行政業務ビルフロアでの案件受理、資料審査、共同審査部門による共同審査、審査、再審査、照合、共同審査会、許可書の発行など主な機能が含まれています。

代表例

  • 国土資源部電子行政業務基礎プラットフォーム
  • 国土資源部ゴールデン・ランド・プロジェクト
  • 東莞市国土局電子行政業務
  • 陝西省ゴールデン・ランド・プロジェクト
  • 安徽省ゴールデン・ランド・プロジェクト
  • 河北省国土資源電子行政業務
  • 浙江省鉱業権管理システム
  • 西安市ゴールデン・ランド・プロジェクト
  • 合肥市ゴールデン・ランド・プロジェクト
  • 包頭市国土資源電子行政業務
  • 済南市ゴールデン・ランド・プロジェクト
  • 青島市ゴールデン・ランド・プロジェクト